[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

なぎさホテル  著:伊集院静

エッセイ
[本ページはプロモーションが含まれています]







[内容紹介]

1978年冬、若者は東京駅構内にいた。

足元のトランクには数枚の衣類、胸のポケットにはわずかな金しかなかった。

入社した広告代理店も一年半足らずで馘首され、酒やギャンブルに身を置いた末に、東京での暮らしをあきらめていた。

生家のある故郷に帰ることもできない。

そんな若者が、あてもなく立ち寄った逗子の海岸に建つそのホテルで温かく迎え入れらえる。

「いいんですよ。部屋代なんていつだって、ある時に支払ってくれれば。」

見ず知らずの自分を、家族のように受け入れてくれる“逗子なぎさホテル”の支配人や副支配人、従業員たち。

若者はそれからホテルで暮らした七年余りの日々の中で、小説を書きはじめ作家デビュー、大人の男への道を歩き出す。


▼ 詳細はこちらから ▼