日本語の大疑問 眠れなくなるほど面白い ことばの世界  著:国立国語研究所

教養・教育
スポンサーリンク
スポンサーリンク








[内容紹介]

●明治時代、犬は「カメ」と呼ばれていた

●漢字のない国にもキラキラネームは存在する

●江戸時代の「おじいちゃんらしい話し方」は関西弁だった

●「クールビズ」が流行って「省エネルック」はダメだったワケ

●「それから」「そして」「それで」はどう違うのか

●「最も~の一つ」は翻訳から定着したことば

●日本語は本当に難しい言語なのか


▼ 詳細はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました