遠浅の部屋  著:大橋裕之

漫画・コミック






[内容紹介]


「俺、このまま何にもなれずに終わるのかな…」

最少の線で世界を切り拓く気鋭の漫画家・大橋裕之、渾身の自伝マンガ!

「1998年4月、高校を卒業した僕は、プロボクサーになると言って実家を飛び出し、この街にやってきた。
本当は…漫画家になりたいのに…。俺は一体、何をやってるんだろう…」

漫画家になりたいという夢を抱いて迷走した、19歳の夏。
まわりのみんなが自分より偉く見えた、あの日。
間違っているのは自分? それとも…。
ねじれた生活のなかで悶々としながら出した答えとは…。

迷いながら日々を生きる、すべての人に捧ぐ!

甘酸っぱくて切ない、永遠の青春迷走漫画、ここに完成。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました