たとえばいつかそれが愛じゃなくなったとして  著:ごめん

漫画・コミック
スポンサーリンク
スポンサーリンク






4.0

[内容紹介]

世界が終わる日のことを考えたことがある?

日常の儚さや切なさを描いた恋愛アンソロジーの集大成!

稀代のクリエイターごめん・待望の初書籍。

1、世の中にある大半のものは、思っていたよりも大切じゃなかった。

2、賞味期限切れの愛を開封して、昔の匂いを確認して、それだけでいっぱいいっぱいだ

3、あなたは結局、誰のことも好きになれないんだと思う

4、無理に大人ぶっても、さびしさだけが浮き彫りになるばかりだ。

5、ごめんね、もう多分


▼ ご購入はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました