十二人の死にたい子どもたち  著:冲方丁・熊倉隆敏

青年コミック






[内容紹介]


ネット上のホームページに導かれて、廃病院に集まった十二人の少年少女。

初対面の彼らの目的は全員で「安楽死」をすること。

だが、決行するための地下室にはすでに一人の少年が横たわっていた。

彼は、自殺か、他殺か、そもそも誰なのか。

少年少女たちは不測の事態に際し、この集いの原則「全員一致」に従い話し合いを始める。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました