痛くない死に方  著:長尾和宏

ノンフィクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク





[内容紹介]

2000人の最期を看取った医師だから言えること。

“痛くない”〝苦しくない”人生の終わり方とは?

私は在宅医として、末期がんの患者さんは9割以上、非がんの患者さんは半分くらいの確率で、家で看取ることになります。

在宅での看取りの直後、ご家族は必ずこうおっしゃいます。

「思ったよりずっと楽に逝きました。苦しくも、痛くもなさそうでした。ありがとうございました」

がん終末期、老衰、認知症終末期、臓器不全、心不全、肺炎・・・

2000人を看取った医師が明かす今まで誰も言わなかった“痛くない”“苦しくない”人生の終わり方。

平穏死という視点から、「痛くない死に方」について、できるだけ分かりやすくまとめた一冊!


▼ ご購入はこちらから ▼





Kindle

0
タイトルとURLをコピーしました