この夜の寂しさで私は熱を知ってしまう  著:浮谷ふみ

エッセイ





[内容紹介]


寂しいと言いたくても言えないこんな世の中に、愛を背負わされた私たちは、それが奇跡や運命の代償であっても生きにくい・・・

誰かを想い、儚さを抱きしめ胸を詰まらせる独りの夜に、人知れずそっと読みたくなる珠玉のエッセイ。

何度も読み返したくなるエモーショナルな言葉の数々を選りすぐり収録。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました