[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

EPICソニーとその時代  著:スージー鈴木

エンタメ
[本ページはプロモーションが含まれています]






[内容紹介]

「80年代」と書いて、「EPICソニー」と読む。

先進的な音楽性により80年代の音楽シーンを席捲したレコード会社「EPICソニー」

レーベルの個性が見えにくい日本の音楽業界の中で、なぜEPICだけがひと際異彩を放つレーベルとして君臨できたのか?

そして、なぜその煌めきは失われていったのか?

佐野元春《SOMEDAY》

渡辺美里《My Revolution》

ドリカム《うれしはずかし朝帰り》

など名曲の数々を分析する中でレーベルの特異性はもちろん、当時の音楽シーンや「80年代」の時代性が浮かび上がっていく。

佐野元春ロングインタビュー収録。


▼ 詳細はこちらから ▼