わたし、虐待サバイバー  著:羽馬千恵

ノンフィクション






[内容紹介]


「毒親に殺されないで、よかったね」・・・?ふざけるな!

義父の性的虐待、母のネグレスト、精神病院閉鎖病棟の闇・・・

トラウマは一生続くだろう。

それでも、明るく笑って前に進みたい!

SNSで話題の著者・羽馬千恵(はばちえ)が、虐待を受けて育った子どもが、大人になっても多くのトラウマや精神疾患を抱え、社会を渡り歩くことがどれほど困難かを赤裸々に綴った衝撃の問題作。

親に殺されなければ、なかなかニュースに取り上げられない「虐待事件」

殺されず生き延びた大人の「未来」にもっと目を向けてほしい。







0