リボーンの棋士  著:鍋倉夫

青年コミック





[内容紹介]


敗北は逆転の母!挫折の底は再生の胎内!!

プロ棋士養成機関・奨励会で、四段に上がれないまま26歳になった安住浩一は、年齢制限の掟により退会させられ、プロへの道を閉ざされた。

そこからは、人から距離を置かれ、年下からも見下される日々。

それでも安住は、明るく笑顔で前向きに振る舞った。

嫉妬は、湧いてもそれをかき消した。

そうしているうちに、眩いほどのプラスオーラが身についた。

将棋を忘れて、この生き方でいいはずだ、とも一時は思った。

しかし、人生から将棋を切り離せなかった。

アマ棋士としてのリスタートを決意する、安住。

その棋風は以前とは違う、まったく新しいものに進化していた。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました