「新型コロナ恐慌」後の世界  著:渡邉哲也

ビジネス・経済





[内容紹介]


中国発の新型コロナウイルスはついにパンデミックと認定され、世界中にパニックを巻き起こしている。

ニューヨーク・ダウは史上最大の下げを繰り返し、日経平均も急落を続けている。

はたしてこの状態はどこまで続き、その後、世界はどうなっていくのか。

世界で反グローバリズムの気運が高まり、2020年1月31日にはイギリスがEU離脱を果たした。

その直後、グローバリズムの恩恵により急速な経済成長を実現してきた中国で新型肺炎が発生、その結果、中国のサプライチェーンが麻痺し、世界経済は大混乱に陥った。

加えて、春節の中国人大移動によって世界中にウイルスが拡散されたことで、各国は国を閉じ、他国からの渡航者を締め出す事態にまでなっている。

著者は、グローバリズムの終焉、米中貿易戦争、そしてこの新型コロナウイルス問題により、世界は中国依存から中国排除への転換が進み、新たな国際秩序が構築されていくと説く。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました