アップルのリンゴはなぜかじりかけなのか?  著:廣中直行

ビジネス・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク








[内容紹介]

消費者への聞き取りやモニタリング調査のマーケティングは終わった。

今や「脳」を見て無意識のニーズを探る科学の時代だ。

商品開発の鉄則は人々が自分でも気が付いていない「欲求」を呼び覚ますモノを提示すること。

そのための、より確実で効率的な戦略がニューロマーケティングである。

「新奇性」と「親近性」、「サプライズ」、「計画的陳腐化」、「単純接触効果」、「他者の力」

最新の認知研究によるヒットの方程式を大公開。


▼ 詳細はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました