パチンコ滅亡論  著:大崎一万発・ヒロシ・ヤング

社会学






[内容紹介]


長らく娯楽の王様として君臨したパチンコ。

しかし、ここ数年は斜陽化が進み、閑古鳥が鳴くホールも少なくはない。

不況に強いと言われたパチンコ業界だが、矢継ぎ早に起きる業界を取り巻く変化に対応できず、苦境に立たされている。

震災時のバッシング、パチンコ高射幸性機の登場と規制、低貸スタイルの定着、パチスロ5号機から6号機への移行、釘問題、YouTuberの登場と広告規制など。

ここ10年、業界ではさまざまな問題と出来事が起き、もはや娯楽の王様は過去の栄華……となりつつあるパチンコに魅入られ、半生を捧げた大崎一万発・ヒロシヤングの2人が
「そもそもパチンコとは何なのか?」
という根源的な問いから始め、メーカー、ホール、ファン、そして警察、さらにはカジノに依存症まで、パチンコ業界を取り巻くありとあらゆる問題に斬り込んだ一冊です。

業界の過去と未来、現実、そして問題を真正面から論じた、これまでにないパチンコ論がここにはあります。

もう、パチンコなんてヤメてしまえ・・・

パチンコを愛し、その半生を捧げた2人が、パチンコを愛するが故に行き着いた境地から見えたパチンコの姿とは、一体何なのか?

パチンコが大好きな方、そしてパチンコが大嫌いな方、どちらが読んでも納得のフルボリューム304ページで語りおろした、日本初のパチンコ論の書籍です。



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました