AFTER SHARP POWER(アフター・シャープパワー)米中新冷戦の幕開け  著:小原凡司 / 桒原響子

社会・政治
スポンサーリンク
スポンサーリンク






4.0

[内容紹介]

ファーウェイやTZEなど中国企業に対する制裁、チャイナウォッチなど中国メディアへの警戒感の高まり、孔子学院の閉鎖、中国人留学生の締め出し。

いま米国では、中国が親中派を増やす世論工作を「シャープパワー」と呼び、中国排除の動きが強まっている。

シャープパワーとは、中国やロシアなどの権威主義国家が、強制や情報の歪曲、世論操作などの強引な手段を用いて、相手国に自国の方針をのませようとするものである。

米中の対立は、いま動向が注目されている米中貿易戦争から、5Gなどの次世代技術、核・ミサイル開発を含む安全保障、政治体制の領域まで広がり、米中新冷戦の様相をみせ、国際社会に影響を及ぼしている。

本書では、中国のシャープパワーが米国で排除された後の米中関係の動きを、次の点に注目しながら追いかける。

・中国のシャープパワーとは何か?
・米国は中国の何を恐れているのか?
・米ソ冷戦のような軍拡競争がはじまるのか?
・欧州、アジア、アフリカでは米中の対立をどう見ているのか?
・米中新冷戦のなかで日本が進むべき道は?


▼ ご購入はこちらから ▼

0
 
タイトルとURLをコピーしました