いま、会いにゆきます  著:市川拓司

文庫日本の小説・文芸






[内容紹介]


大好きだった妻の澪が亡くなって1年。

身体にさまざまな不具合を抱えた巧は、町の小さな司法書士事務所に勤めながら
6歳になる一人息子の佑司とひっそりと暮らしていた。

再び巡ってきた雨の季節の週末、いつもどおりの散歩に出かけた町はずれの森で
この父と子二人に奇跡が訪れる。

哀しい未来を知りながら、それでも愛しい存在に向かって発せられる言葉。

その深く強く優しい決意に、きっと心打たれるはずです。







0