やがて海へと届く  著:彩瀬まる

小説
スポンサーリンク
スポンサーリンク






3.5

[内容紹介]

すみれが消息を絶ったあの日から三年。

真奈の働くホテルのダイニングバーに現れた、親友のかつての恋人、遠野敦。

彼はすみれと住んでいた部屋を引き払い、彼女の荷物を処分しようと思う、と言い出す。

親友を亡き人として扱う遠野を許せず反発する真奈は、どれだけ時が経っても自分だけは暗い死の淵を彷徨う彼女と繋がっていたいと、悼み悲しみ続けるが・・・


▼ ご購入はこちらから ▼

0
 
タイトルとURLをコピーしました