やめるときも、すこやかなるときも  著:窪美澄

小説
スポンサーリンク
スポンサーリンク






3.5

[内容紹介]


大切な人の死を忘れられない男と、恋の仕方を知らない女。

欠けた心を抱えたふたりが出会い、お互いを知らないまま、少しずつ歩み寄っていく道のり。

変化し続ける人生のなかで、他者と共に生きることの温かみに触れる長編小説。


▼ ご購入はこちらから ▼

 
タイトルとURLをコピーしました