ルポ 難民化する老人たち  著:林美保子

ノンフィクション






[内容紹介]


ひと昔前は、老後と言えば「悠々自適」
という言葉が決まり文句にように冠されていた。

一線を退いた後は仲間と趣味に興じて
夫婦で旅行に出かけ
気前よく子や孫に小遣いを渡して歓心を買う――。

しかし時代は変わった。

いつのまにか生活保護支給額よりも
低くなってしまった国民年金に頼る者は、貧困に喘いでいる。

“個”の時代は、孤立死の問題までももたらした。

超高齢社会の到来に、介護問題も噴き出している。

こうした大きな社会変化の中で
立ちすくみ右往左往する高齢者たちを丹念に取材したルポルタージュ。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました