震度7の生存確率  著:仲西宏之・佐藤和彦

ノンフィクション






[内容紹介]


巨大地震発生!

その瞬間、どうすれば生き残れるか?
「机の下に隠れる」と助からないって知ってましたか?

東日本大震災、熊本地震、そして先日の鳥取地震。

巨大地震が続き
首都直下地震や南海トラフ地震の信ぴょう性が
日に日に高まっている。

いざ、巨大地震が起きた時
生き延びる妨げになっているのが
これまで教わった地震対策や地震教育の間違いだ。

震度7を超える巨大地震では
学校で教わる「机の下に隠れましょう」は通用しない。

机が凶器となってものすごい速度で
教室やオフィス内を暴れまわるからだ。

では、発災の瞬間、どんな行動をとるのが生き延びられる道なのか?

第1章では18のシチュエーションで巨大地震が起きた時
どの行動が助かる道か三択から選ぶクイズ形式。

読み進むうちに
「何がキモか」が理解できる仕組みになっている。

他にも、発災時の生存確率を高める
目からウロコの日常の備えを紹介したり

もし、南海トラフや首都直下地震が起きたら
その直後から始まるかもしれない
想像をはるかに超える悲惨極まりない状況も紹介。

一家に1冊。

家族で共有したい
「我が家の巨大地震対策教本」になること間違いなし!



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました