ロッキード疑獄 角栄ヲ葬リ巨悪ヲ逃ス  著:春名幹男

ノンフィクション





[内容紹介]

「われわれがそれ(角栄潰し)をやった」

K長官が漏らした真意とは!?

「自主外交」で角栄はアメリカに潰された。

国際ジャーナリストが15年に及ぶ取材で掴んだ、数多くの決定的新事実!


田中角栄はなぜ逮捕されたのか?

その理由は「角栄の外交」に隠されていた。

アメリカは「日中国交正常化」などの「角栄の外交」をひどく嫌っていたのだ。

その後発覚した、戦後最悪の国際的疑獄となったロッキード事件。

そこでアメリカ政府高官は、密かに角栄の訴追を可能にする「ある細工」をした。

外交の対立も、角栄訴追に関わる秘密も、米機密文書には記されていたが、日米の根幹に絡む『巨悪』の深い闇は文書が公開されず、解明されなかった。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました