やまゆり園事件  著:神奈川新聞取材班

ノンフィクション





[内容紹介]

2016年7月26日未明、神奈川県相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で、入所者19人が死亡、職員2人を含む26人が重軽傷を負った「やまゆり園事件」

犯人は、元職員の植松聖。

当時26歳。

植松死刑囚はなぜ「障害者は生きるに値しない」という考えを持つようになったのか?

「生産性」や「有用性」で人の命を値踏みする「優生思想」は、誰の心の内にも潜んでいるのではないか?

命は本当に「平等」なのか?

分断しない社会、真の「共生社会」はどうしたら実現するのか?

植松死刑囚との37回の接見ほか、地元紙記者が迷い、悩みながら懸命に取材を続けた4年間のドキュメント。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました