ALSを生きる いつでも夢を追いかけていた  著:谷川彰英

ノンフィクション





[内容紹介]


2009(平成21)年3月に筑波大学を退職した著者は、翌年4月に東京のインターコンチネンタルホテルで筑波大学退職記念パーティーを開催した。

パーティーのコンセプトは「夢のはじまり」

筑波大学退職までの人生を第1の人生とすれば、退職後の人生は第2の人生となる。

その意味で「夢のはじまり」だった。

著者の夢は順調に滑り始め、第2の人生である地名作家としての地位は揺るぎのないものとなっていった。

多数の著書の刊行、テレビ番組への出演など、夢は大きく花開いていった。

そんな矢先の2018(平成30)年2月、著者を突然病が襲った。

意味不明の体調不良、病状の悪化、そしてついに呼吸不全に陥る。

2か月に及ぶ検査の結果、著者は脳からの神経が十分行き届かず筋肉が萎縮していくALS(筋委縮性側索硬化症)と診断される。

本書は、難病のALSと診断されながらも、第3の人生を力強く生き抜くと「新たな夢」に向かって突き進む著者の思いを綴った書き下ろしである。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました