不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか  著:鴻上尚史

ノンフィクション





[内容紹介]


太平洋戦争末期に実施された“特別攻撃隊”により、多くの若者が亡くなっていった。

だが、「必ず死んでこい」という上官の命令に背き、9回の出撃から生還した特攻兵がいた。

その特攻兵、佐々木友次氏に鴻上尚史氏がインタビュー。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました