売春島 「最後の桃源郷」 渡鹿野島ルポ  著:高木瑞穂

ノンフィクション





[内容紹介]


「売春島」

三重県志摩市東部の入り組んだ的矢湾に浮かぶ、人口わずか200人ほどの離島、周囲約7キロの小さな渡鹿野島を、人はそう呼ぶ。

島内のあちこちに置屋が立ち並び、島民全ての生活が売春で成り立っているとされる、現代ニッポンの桃源郷だ。

この島にはまことしやかに囁かれるさまざまな噂がある。

「警察や取材者を遠ざけるため客は、みな監視されている」
「写真を取ることも許されない」
「島から泳いで逃げようとした売春婦がいる」
「内偵調査に訪れた警察官が、懐柔されて置屋のマスターになった」
「売春の実態を調べていた女性ライターが失踪した」


しかし、時代の流れに取り残されたこの島は現在疲弊し、凋落の一途を辿っている。

本書ではルポライターの著者が、島の歴史から売春産業の成り立ち、隆盛、そして衰退までを執念の取材によって解き明かしていく。

伝説の売春島はどのようにして生まれ、どのような歴史を歩んできたのか?

人身売買ブローカー、置屋経営者、売春婦、行政関係者などの当事者から伝説の真実が明かされる!


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました