特別少年院物語  著:石元太一

ノンフィクション





[内容紹介]


2000年秋。

敵対する暴走族との乱闘で死者を出した「トーヨーボール殺人事件」で逮捕され、青森特別少年院へと送られた石元太一。

“札付きのワル”が集まった不良の巣窟で喧嘩沙汰やイジメに直面するが、時が経つにつれて院生同士の友情が芽生え、教官との信頼関係が築かれていく。

厳しい規則のなかでも笑いがある日常。

だが“ある出来事”をきっかけに太一は「暴動」の首謀者となり拘束され、そして……

一般社会の学校とはまったく別の世界でうまれた青春。

力だけが自らの存在価値だった少年たちの更生の物語を、非行少年の側からの視点で描いていく。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました