断薬記 私がうつ病の薬をやめた理由  著:上原善広

ノンフィクション





[内容紹介]


2010年、うつ病と診断された。

大量の向精神薬や睡眠薬を飲み、通院する日々。

執筆意欲は衰え、日常生活を律することも叶わず、自殺未遂を三度も起こしてしまう。

「薬はもう飲みたくない」

そのような思いから医療関係者への取材を敢行し、「減薬」に挑み、そして、ついに「断薬」へ。

心の支えとなる主治医との出会い、専門医との協力、副作用への対処、草津での荒行のような湯治断薬……

試行錯誤の過程をすべて明かした、大宅賞作家による衝撃の私記。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました