兄の終い  著:村井理子

ノンフィクション





[内容紹介]


一刻もはやく、兄を持ち運べるサイズにしてしまおう。

憎かった兄が死んだ。
残された元妻、息子、私(いもうと)

怒り、泣き、ちょっと笑った5日間。

「わたくし、宮城県警塩釜警察署刑事第一課の山下と申します。実は、お兄様のご遺体が本日午後、多賀城市内にて発見されました」

寝るしたくをしていた「私」のところにかかってきた1本の電話。

それは、唯一の肉親であり、もう何年も会っていなかった兄の訃報だった。

第一発見者は、兄と二人きりで暮らしていた小学生の息子・良一君。

いまは児童相談所に保護されているという。

いつかこんな日が来る予感はあった。

金銭的にも精神的にも、迷惑ばかりかける人だった。

二度目の離婚をし、体を壊し、仕事を失い、困窮した兄は、底から這いがることなく、一人で死んだのだ。

急なことに呆然としている私に刑事は言った。

「ご遺体を引き取りに塩釜署にお越しいただきたいのです」

兄は確かに優しいところもある人だった。

わかり合えなくても、嫌いきることはできない。

どこにでもいる、そんな肉親の人生を終う意味を問う。

遺体を引き取り、火葬し、ゴミ屋敷と化している兄のアパートを整理し、引き払う。

そして、何より、良一君の今後のことがある。

兄の人生を終うため、私(いもうと)、元妻(加奈子ちゃん)、そして息子(良一君)の5日間の修羅場が幕を開ける。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました