脱プラスチックへの挑戦  著:堅達京子

暮らし・健康・子育て





[内容紹介]


2050年、海の中のプラスチックごみの量は魚の量を超える。

空気や水、食べ物にもマイクロプラスチックが含まれ、その脅威は私たちの暮らしに迫りくる。

石油という化石燃料から作られるプラスチックは、大量生産・大量消費の現代文明の象徴だった。

いま、私たちの文明そのものを、急速に“循環型”で“脱炭素”の経済に作り変えていかなければ、温暖化が加速し“地球の限界”に達すると科学者は警告する。

気候危機の回避に必要なのは、パラダイムシフト。

日本企業は、この大転換をビジネスチャンスに変えられるのか。

そして私たちにできることは?

NHK BS1スペシャル『“脱プラスチック”への挑戦』のプロデューサーが、映像化されなかった数々の貴重な証言や驚きの事実とともに伝える警鐘ドキュメント。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました