マイタイム 自分もまわりも幸せになる「自分のための時間」のつくり方  著:モニカ・ルーッコネン

暮らし・健康・子育て






[内容紹介]


社員でも親でも妻でもない“自分”になれる時間ありますか?

日本より10年早く少子高齢化が進み、共働き家庭が8割を超えるフィンランド。

多くの親が忙しい毎日を送っています。

そんななかで「世界幸福度ランキング1位(2018年/日本は54位)」を実現できる秘密は、“マイタイム”にありました!

“マイタイム”とは、「自分のための時間」です。

仕事でも家事でも、家族のためでもない時間。

たとえば、趣味に没頭したり、エクササイズをしたり、読書をしたり、一人でカフェでのんびりしたり、友人と心ゆくまでおしゃべりを楽しんだり。

日本でも共働き世帯の比率は5割を超え、多くの女性が仕事に家事、育児にと懸命にがんばっています。

しかし、ともすると自分以外の人のために尽くすばかりで、自分のことが疎かになりがちです。

日本在住経験もある著者のモニカ・ルーッコネンは「日本人や日本の文化が大好き。

でも、日本人女性は仕事に家事に育児にがんばりすぎだと思います」と説きます。

フィンランドに根付く、どんなに忙しくても “マイタイム”を持つことの大切さと、始め方を伝授します。







0