ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女  著:ダヴィド ラーゲルクランツ

2019年6月26日文学・評論小説・文芸, 外国文学






[内容紹介]


雑誌『ミレニアム』を発行する
ミカエルたちの会社は経営危機に陥り
株式の30パーセントを大手メディア企業の
セルネル社に売り渡していた。

ミカエルにも優れた記事がなく
時代遅れの記者との避難にさらされていた。

そんな彼のもとに
ある男から大スクープになるという情報が持ち込まれる。

人工知能研究の世界的権威である
バルデル教授が何か大きな問題を抱えているようなので
会ってほしいというのだ。

男の話からリスベットが関係していると確信したミカエルは
彼女に連絡を取ろうと試みる。

一方、アメリカのNSA(国家安全保障局)は
産業スパイ活動を行なう犯罪組織の関連会社から
バルデルが革命的な研究成果を持ち出したため
彼の身に危険が迫っているとの情報を得る。

折しも、鉄壁の防御を誇る
NSAのネットワークに何者かが侵入した!







0