ひとりで生きる 大人の流儀9  著:伊集院静

人文・思想人生論・教訓






[内容紹介]


一人で生きることを自覚せよ、と言っても、そう簡単にできるものではない。

泣く雨の夕暮れも、一人で膝をかかえて星を見上げる夜半もあるであろう。

孤独というものには、やるせなさがどこかに隠れている。

なのに一人で生きようとしている人には、家族、兄弟姉妹、仲間、同僚、友と日々、逢ったり、連絡を取り合って、普通に生きている人たちには、ないものがある。

あの潔さに似たものは何なのだろうか?

ひとりで生きることは、一見淋しいものに思えるが、実は美しい人間の姿であるのかもしれない。







0