個人主義とは何か  著:西尾幹二

人文・思想・社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク








[内容紹介]

世界に凛と立つ日本人の「個」とは。

グローバリゼーションが進む現代もなお、日本人は西洋の価値観に囚われてはいないだろうか。

〈個人〉や〈自由〉といった周知の概念が、そもそもは「輸入品」である。

本書では、日本特有の個と社会のあり方を、諸外国の文化との比較により考察する。

いまも強い訴求力をもって読者に迫る、人間の懐疑と決断を真摯にみつめる思想家の原点。

1969年の発刊以来、50版近くを重ねた名著がよみがえる。


▼ 詳細はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました