心にナイフをしのばせて  著:奥野修司

人文・思想・社会





[内容紹介]


神戸で「酒鬼薔薇」事件が起こったのが1997年。

その28年前、そっくりな事件が東京近郊であった。

同級生を殺し、その首を切断した加害者は、当時15歳の少年。

息子の死から40年近く経ったいまも、被害者家族は事件を重く引きずっている。

歳月は、遺族を癒さないのだ。

一方、犯人の父は、約束の賠償金をほとんど払わぬまま死亡。

犯人は“立派に更生”し、なんと弁護士として成功をおさめていた。

被害者家族に光を当て、司法を大きく動かした、執念のルポルタージュ。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました