ウソつきの構造 法と道徳のあいだ  著:中島義道

人文・思想・社会





[内容紹介]


これほどのウソがまかり通っているのに、なぜわれわれは子どもに「ウソをついてはならない」と教え続けるのか。

この矛盾こそ、哲学者が引き受けるべき問題なのだ。

哲学者の使命としてこの問題に取り組む。


▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました