生まれたことすら、自分のきまぐれ  著:佐藤そると

エッセイ
スポンサーリンク
スポンサーリンク






3.5

[内容紹介]

わいの地元は福島県郡山市。

小学3年生の頃、東日本大震災があって世間は大変な騒ぎ。

住んでいた場所が流されることもなく、身近にいる人が亡くなることもなかった。

でも、そのあと福島県では原発の問題が発生。

健康被害を心配する友だちの両親は引っ越しという選択をする人も少なくなくて、仲良くしてた友だちは見事に福島からいなくなってしまった。

違うグループに入ってみようと思ったこともあったけど、「なんでコイツ話しかけてくんの?」みたいな空気感が漂ってきてその瞬間から、自分のためにも友だちの輪は広げておこうって思ったんだよね。

いじめられたわけじゃないし、単純に「あなたは違うグループの人ね」って思われていただけ。

それでもね、やっぱりひとりは辛かった。


▼ ご購入はこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました