日本エロ本全史  著:安田理央

社会・政治社会学






[内容紹介]


とうとうエロ本の歴史は終わってしまった。

僕たちの体と心を作ってくれたその素晴らしき世界に愛を込めて、1946年から2018年までの創刊号で見る日本エロ本全史。

こうして集めてきたエロ雑誌創刊号コレクションから、エポックメイキングな存在となった雑誌100冊をまとめて紹介させてもらうことになった。

それは当然、70年以上に渡る戦後エロ雑誌の歴史を追いかける旅となる。

2010年代に入って、エロ雑誌は壊滅的な状況を迎えた。

今はもうその命は風前の灯火、というよりも、もう寿命を迎えてしまったという気がする。

戦後から21世紀にかけてのエロ本の通史をまとめるという試みは、おそらくこれが初めてということになるだろう。

本書は、自分という存在を育んでくれたエロ本文化へのラブレターでもあり、追悼の辞でもあるのだ。







0