文在寅という災厄  著:武藤正敏

社会・政治政治






[内容紹介]


文在寅氏は日韓が苦労してまとめた慰安婦合意を一方的に破棄し、徴用工裁判で日本企業への賠償判決を誘導し、これまでの日韓関係を根底から覆した。

かたや北朝鮮にすり寄り、米中間をさまよう支離滅裂な外交姿勢で米朝からも孤立し、東アジアの安全保障にも大きな影を落としている。

しかし常識を逸脱する文在寅政権の無策、暴挙はとどまるところを知らない。

「未来志向」を謳いながら、歴史問題を持ち出しては反日姿勢を最大化するこの革命家が権力の座にある限り、両国関係の修復は望むべくもない。

果たして、著者が2年前に予想した通り、経済失政による韓国国内の疲弊も限界に近づきつつある。

しかし、外交・内政でいかに失策が続いても、行政、司法、メディアを牛耳る独裁者の「恐怖政治」によって、「普通の韓国人」はその実態に気づくこともない。

ただ、「幸いにも、海外メディアに触れやすいネット世代の若者たちは、うすうすその悪政を見抜き始めている」と著者は指摘する。

日韓両国民を不幸にする最悪の大統領をいかに追いつめ、退場させればいいのか。

日本人はその動向から目を離さず、断固とした姿勢で立ち向かうべきだ。

40年に及ぶ外交官経験に裏打ちされた著者の洞察が光る「韓国分析」の決定版であり、日韓両国民に贈る魂のメッセージだ。







0