記憶喪失になったぼくが見た世界  著:坪倉優介

ノンフィクション






[内容紹介]


18歳の美大生が交通事故で記憶喪失になる。

それは自身のことだけでなく、食べる、眠るなどの感覚さえ分からなくなるという状態だった。

そんな彼が徐々に周囲を理解し「新しい自分」を生き始め、草木染職人として独立するまでを綴った手記。

感動のノンフィクション!







0