つけびの村  噂が5人を殺したのか?  著:高橋ユキ

ノンフィクション






[内容紹介]


この村では誰もが、誰かの秘密を知っている。

2013年の夏、わずか12人が暮らす山口県の集落で、一夜にして5人の村人が殺害された。

犯人の家に貼られた川柳は〈戦慄の犯行予告〉として世間を騒がせたが・・・

それらはすべて〈うわさ話〉に過ぎなかった。

気鋭のノンフィクションライターが、ネットとマスコミによって拡散された〈うわさ話〉を一歩ずつ、ひとつずつ地道に足でつぶし、閉ざされた村をゆく。

〈山口連続殺人放火事件〉の真相解明に挑んだ新世代〈調査ノンフィクション〉に、震えが止まらない!







0