もう逃げない。 ~いままで黙っていた「家族」のこと~  著:林眞須美死刑囚長男

ノンフィクション






[内容紹介]


21年前の朝、目が覚めたらぼくは「殺人犯」の息子になっていた・・・

いじめ、差別、婚約破棄・・・

迷い、苦しみながら、それでも強く生きていく。

事件以来21年間、親、そして世間から架せられた重い「十字架」を背負い続ける和歌山カレー事件、林眞須美死刑囚の長男が初めて明かす「罪と罰」、そして「生きること」の本当の意味。







0