死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発  著:門田隆将

ノンフィクション






[内容紹介]


2011年3月、日本は「死の淵」に立った。

福島県浜通りを襲った大津波は、福島第一原発の原子炉を暴走させた。

全電源喪失、注水不能、放射線量増加…このままでは故郷・福島が壊滅し
日本が「三分割」されるという中で、使命感と郷土愛に貫かれて壮絶な闘いを展開した男たちがいた。

あの時、何が起き、何を思い、人々はどう闘ったのか。

ヴェールに包まれた未曾有の大事故を当事者たちの実名で綴る。







0