子どもを攻撃せずにはいられない親  著:片田珠美

暮らし・健康・子育て






[内容紹介]


「言うことを聞かないなら、もう何も買ってあげない」などと脅して子どもを思い通りに支配しようとする。

「あなたのためを思って言っているのよ」などと言いつつ、実際は子どもの気持ちよりも世間体や見栄を優先しようとしている。

子どもを罵倒する、必要なものを与えない、子どもの領域を平気で侵害しようとする、兄弟姉妹で格差をつける、しつけと称して暴力をふるう。

なぜ我が子にそんな仕打ちができるのか。

そこには、「子どもは自分のもの」という所有意識、「子どもは自分をよく見せるための付属物」という歪んだ認識や「攻撃者との同一視」という心理メカニズムなどの様々な原因が窺える。

非常によくみられる例を一つ挙げると、子どもが「いい学校」「いい会社」に入ることを親が願うのは、子どもの幸福のためだと親は信じている。

だが実際は、「自慢したい」という思惑や打算が潜んでいることがしばしばある。

しかし親は「自分は正しいことをしている」と思い込んで疑わないのだ。

攻撃的な親から身を守るために、そしてあなた自身がこんな親にならないために。

精神科医が自身の経験も語りながら解説。







0