吸血鬼に天国はない  著:周藤蓮・ニリツ

ライトノベル






[内容紹介]


大戦と禁酒法によって旧来の道徳が崩れ去ったその時代。

非合法の運び屋シーモア・ロードのもとにある日持ち込まれた荷物は、人の血を吸って生きる正真正銘の怪物―吸血鬼の少女であった。

仕事上のトラブルから始まった吸血鬼ルーミー・スパイクとの慣れない同居生活。

荒んだ街での問題だらけの運び屋業。

そして、彼女を付け狙うマフィアの影。

彼女の生きていける安全な場所を求めてあがく中で、居場所のないシーモアとルーミーはゆっくりと惹かれ合っていく。

嘘と秘密を孕んだ空っぽの恋。

けれど彼らには、そんなちっぽけな幸福で十分だった。

人と人ならざる者との恋の果てに、血に汚れた選択が待ち受けているとしても。







0