大東亜戦争の正体 それはアメリカの侵略戦争だった  著:清水馨八郎

歴史・地理






[内容紹介]


日本人が自らの戦争責任ばかりを責め立て、アメリカの残虐行為を怨まないのはなぜか。

それは、戦後の占領政策において、周到な検閲による思想統制が行なわれたからだ。

それによって、大東亜戦争がアメリカの侵略戦争だったこと
支那事変が中国によって引き起こされた罠であったことなどは、覆い隠されてしまった。

戦後、いまだ当時の検閲を忠実に遵守する大マスコミも少なくないなか
いまこそ、日本人は真実に目覚め、歴史に対する不要な引け目を払拭すべきである。







0